キャッシングの審査でいつも落ちる人必見!

自分ではなぜ審査に落ちたのかわからない

キャッシングの審査で落ちても、消費者金融は、キャッシングの審査で落ちた理由を教えてはくれません。

そのため、自分では【なぜ審査に落ちたのか?】と悩んでしまう人は多いと思います。

 

特に何回もキャッシングの審査に落ちている人は、やっぱり理由が知りたいと思います。

 

1社のキャッシング審査に落ちたくらいだったら、「相性がなかった」と諦めることもできます。

 

しかし、時間をあけて、しっかりキャッシングの審査を申し込んでも、何社も落ちてしまう場合は、ショックが大きくなってきます。
年収が低くて、ネックになっている人や、過去に金融事故を起こしたなど、わかりやすい原因がある人だったら納得できますが。

 

中には、全くキャッシングの審査で落ちる理由が思い当たらないという人もいます。

 

自分でキャッシングの審査を落ちた理由を探しても、なかなか原因がつかめないケースも多いので、キャッシング審査の悩むと言うのは、なかなか解決しないのだと思います。

 

ただし、キャッシングは、どんな業者にも共通しますが、【信用できる人にしか貸さない】というのが基準です。
つまりキャッシングの審査に落ちるということは、第三者の目から見た時に、【お金を貸すほどの信用がない】と映っている可能性があります。

 

年収なんかよりも重要な【信用情報】の存在

特にキャッシングの審査で重視されるのが、CICなどの【信用情報】です。

 

消費者金融業者によって、基準は違ってきますが、キャッシングの審査の場合、年収よりも、これまでいかにクリーンに支払いをしてきたかを重視している傾向が強いと思います。

 

 

アルバイトで低収入の人でも、消費者金融業者はお金を貸し出しています。

 

そうした事情をかんがえれば、やはり年収は低くてもお金はかしてくれるけど、いかに年収が高くても、信用情報で遅延のマークが多い人は、やはり敬遠されてしまう可能性があります。

 

年収が高ければ高いほど、キャッシングは利用枠が高くもらえる可能性がありますので、良い部分もあります。
しかし、それが全てではありません。

 

どんなにお金があっても、支払いをしっかりしてくれないと消費者金融業者にとっては、良い顧客とは言えません。
お金に対して、綺麗な支払いをしている人が、やはり消費者金融業者にとっては、上客だと言えます。

 

勤め先も年収も良く、問題がないと思われている人が消費者金融業者のキャッシングに何度も落ちている場合、一度CICなどの信用情報を確認してみることをおススメします。

 

自分の知らない間に、信用情報に良くない情報が載っている可能性もあります。

 

他社の借金を滞納していて審査が受かるわけがない!

キャッシングの審査を受からない人には、色々な理由がありますが、【他社の借金を滞納している状態】で新規の契約を申し込めば、受かるはずがありません!

しかし、実際には、返済に困ってしまい、どうしようもなくて滞納している状態でキャッシングの審査に申し込みをしてしまう人もいます。

 

他社の借金を滞納している事情は、キャッシングの審査の時にちゃんとチェックされてしまいます。
その状態で、新しくキャッシングを申し込んでも、まともな大手の消費者金融業者で、お金を貸してくれるところはありません。

 

そうした状態でも、新規でお金を貸してくれるのは、闇金くらいです。
やはり滞納をしている時には、キャッシングの審査は通りません。

 

どうしようもなくなってしまった時には、新しい借金をするのではなく、一度親族に土下座をしてでも、お金を立て替えてもらう方法も考えないといけません。
もうどこの消費者金融業者もお金をかしてくれなくなると、自己破産や任意整理を考えるタイミングになってきます。

 

金融事故を起こしてしまうと、信用情報が異動扱いになってしまい、約5年程度クレジットカードもキャッシングもできなくなってしまいますので、何かと不便になってしまうこともあります。

本人は悪くないのに【同居人】がいると受ける影響

また、本人は悪くないのに、【破産した同居人】がいる場合も、キャッシングの審査で大きな影響を受けると言われています。

 

この場合、本人は何も悪くないのですが、やはり破産者と同じ住所に住んでいるというだけで、「破産者が使ってしまうのではないのか?」と疑われてしまい、否決されてしまう可能性があります。

 

【破産者と住所が同じ】というのが、キャッシングの審査では思いのほかに大きな影響になってしまいます。
親や兄弟などに破産者がいて、一緒に住んでいる場合は、注意が必要になってきます。

 

キャッシングの審査では、住所を共にして暮らしている人間の影響も受けてしまうので、破産者がいる場合は、別居などの対処を取るのが大事です。
破産者と別居をしていれば、例え自分の親だとしても、キャッシングの審査には影響がなくなってきます。

 

基本的には、破産の影響は、本人のみですが、【同居】となると事情がちょっと違ってくると覚えておきましょう。
どうしてもキャッシングを利用したい場合は、一度審査がダメになったら、半年ほどの時間を置いてから、別居をして再挑戦してみましょう。

 

一回キャッシングの審査に落ちてからすぐに別の消費者金融業者に申し込みをしても、あまり良い結果にはなりません。